大須でリサイクル着物めぐりをしよう

大須商店街

私が住んでいる名古屋には大須商店街という古くからの商店街があります。

いま、全国的に商店街が廃れてきていて、いわるゆ「シャッター商店街」と呼ばれる場所も多い中、ここ大須商店街は週末になると多くの人でごった返している数少ない活気ある商店街です。

中でも古着屋さんが多く、私も学生の頃はよくお世話になっていました。

また、洋服だけでなく着物のリサイクルショップも大須にはたくさんあります。

全国的に見ても多いほうだそうで、大須でリサイクルの着物を買うためにわざわざ東京や大阪からも来る方がいるそうです。

今回はそんな大須のリサイクル着物ショップをご紹介したいと思います。

スポンサードサーチ

大須リサイクル着物マップ

大須にあるリサイクル着物ショップのマップです。

(紫のピンをクリックするとお店の情報が出てきます)

一つずつ紹介したいと思います。

KOMEHYO コメ兵きもの館

ここは私が一番利用しているお店です。何といっても販売している着物の数が豊富です。

一階には比較的きれいで値段も少し高めな商品が置いてあります。

未使用品の着物や帯も多く身丈や裄が長めの着物も多いため、リサイクル品に抵抗がある人でもお勧めしやすいお店です。

先日、コメ兵の一階で買った大島紬とリバーシブルの洒落袋帯でコーディネートしてみました。

どちらも未使用品で着物は4万円、帯は3万円くらいでした。

リサイクルにしては高いかもしれませんが、身丈や裄の長さも十分にありサイズもぴったりだったため自分で誂えることを考えればめちゃくちゃお得に買い物ができました。

また、お店の奥のたたみの間には桐製の和だんすが置いてあります。

中は作家モノの訪問着や高級紬が。もちろん勝手に開けて見ても大丈夫です。

これらもリサイクル着物なので、とても状態が良いものがすごくお値打ちなお値段で売られています。

新品で買ったらン百万円しそうな着物を見るだけでも目の保養になります。

店員さんも皆さん着物に詳しいので、気になることがあればじゃんじゃん質問してみてください。

親身になって相談にのってくれますよ。

そしてこのお店に行くとよく見かけるのが、成人式で着る振袖を買いに来ている母娘さん。

たしかにレンタルで借りるよりも安くてお得かもしれません。

サイズも豊富にあるので、レンタルを考えている方は一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

そして二階は格安着物です。

値段設定もタグの色で6段階に分かれているため分かりやすいです。(100円、500円、1000円、2000円、3000円、4000円)

着物も帯もハンガーにかけられていて、正直こんなものも売ってるの?と思うような商品もありますが、自分で「掘り出していく」感じがあります。

ここでの私のおすすめはずばり羽織です。

昔の羽織って丈が短いものが多く、今着るとちょっと古臭い感じがあるのですが(今はひざ下のセミロング丈が主流のため)、その中でたまーに丈が長いキレイ目な羽織があるときがあるんです。

そんな羽織を見つけたらすぐにゲットしてしまいます。

そして、私が最初にコメ兵2階で見つけた羽織がこちらです。

これで1000円。優しい色の小紋の羽織です。丈も長めで羽裏もとってもきれいでした。

この羽織は春先にとても重宝しています。

コメ兵2階で売られている羽織の値段帯はほとんどが1000円から2000円です。安いっ!

私が持っている羽織は全てコメ兵の2階で買いました(笑)

(結局買いすぎて一部をメルカリで処分してしまいましたが・・・)

メルカリとスマホ

不要になった着物や帯の処分に迷ったら買取よりメルカリで売ろう

2018年11月8日

そして1階に置いてある着物はタグにサイズが書いてありますが、2階の着物は色別のタグに「正絹」と書かれているだけです。(正絹ではないものにはもちろん書かれていません)

サイズが分からないためその場で広げて自分でサイズを測らなければいけません。

鏡のそばに竹の物差しが置いてあるのですが、ほとんどが尺差しとよばれる尺寸法で測るものです。

私はセンチで(cm)しか長さが分からないので家からメジャーを持参して持っていきます。

着物も何点かここで購入しました。

こちらの小紋は1000円でした。胴裏もそこまで傷んでなくわりと無難な柄なのですが・・・

分かりますか?「ぐしびつけ」が施されているんです。

ぐしびつけとは
ぐしびつけとはしつけ縫いのひとつです
きものの掛襟や褄下から裾にかけての部分と袖周りにかけてあり、仕立て上がりの美しさを際立たせます。
また、ぐしびつけは飾りの役目もあります。

よく留袖にぐしびつけが施されています。

このぐしびつけ、和裁士さんでも技術がないと難しいらしいです。

これを見たときに、「この着物、持ち帰ってあげなくちゃ」と思わず思ってしまいました笑

亀甲の地模様がある生地に同じ模様の染をずらして入れてあります。

ただ、この着物。裄が短く結局お直しをしました。

着物クリーニングが安い大須のせんば呉服店ではクリーニングだけでなくお直しも安くしてくれます。

裄出しは悉皆キャンペーンの時に4000円でしてもらえました。

名古屋で着物クリーニングが安いお店を発見【格安料金の1000円】

さらに8のつく日は割引あり

コメ兵きもの館は8のつく日が特にねらい目です。(8日、18日、28日)

一階の着物や帯が5%オフに、さらに2階の格安着物は20%オフになるんです。

2階はただでさえ安いのにさらに20%オフになるので8のつく日はレジに行列ができるほど。

是非コメ兵きもの館に行くときは8のつく日に行ってくださいね。

古布兵衛

コメ兵きもの館からほど近い場所にあります。

お店の雰囲気が好きでよく訪れます。

お店に入ってすぐの入り口付近には和の小物が売られています。着物を着ない方でも楽しいと思います。

肝心の着物はというと、コメ兵と比べるとアンティークなものが多い感じです。

昔の着物好きのにはお勧めしますが、きれい目な着物を探している方にはあまりお勧めできません。

中野呉服店

私がイメージするリサイクル着物店がこちらのお店です。

入口からたくさんの着物がハンガーで並べられています。

お店の名前からして新品の呉服も取り扱っていると思いますが詳細は不明です。

大福屋

先に紹介した中野呉服店と同じような品揃えです。

お店に入って左側に帯や着物がずらっと並んでいるため、掘り出し物がないか探していきます。

お店で着物を探していると店員さんが声をかけてくれるので、いつもこういう着物を探している、と相談すると一緒に探してくれますよ。

昔の着物はサイズが小さいものが多いため心配ですが、こちらの店員さんはその場でサイズも測ってくれるので安心です。

気になった着物があれば、畳の上で羽織らせてもらうことができるのでイメージがつかみやすいです。

私がここで購入したのは紬地の名古屋帯です。

お店に入った時パッと目に入ってきたその帯は、「難あり品」と書かれていて値段は1500円でした。

これがその帯です。

鮮やかな赤色で洋服だったら選ばないような色使いでも着物ならトライできちゃうのが不思議ですよね。

で、肝心の難あり部分ですが・・・

店員さんも「ここかなぁ?」っていうくらい分かりにくいです。染めムラがあるといえばあるのかも。

でも、この値段で買えて普段に着るのならまったく問題ありません。

紬地なのでハリがあり、しっかりした生地でした。

私は大好きな伊勢木綿と合わせつころが多いです。買って正解でした。

木綿着物

【着付け教室では教えてくれない】木綿の着物を着る季節について

たんす屋

たんす屋は全国展開しているリサイクル着物のお店です。(詳しくはコチラ

こちらのお店は割とこじんまりしていて、品ぞろえもそこまで多くない印象です。

個人的には名古屋駅のJR名古屋タカシマヤ11階に入っている「きものプラス」というたんす屋のお店の方がセンスが良いリサイクル着物が置かれていてお勧めです。

飾屋

ビルの2階に入っているこじんまりとしたお店です。

リサイクル着物とハンドメイド作家さんが作った小物などが売られています。

一見ちょっと入りずらい感じがしますが、見てみるだけでも楽しいのでぜひ一度足を運んでみてください。

いま昔きもの江口屋

こちらのお店は大須商店街からちょっと外れた場所のビルの2階にあります。

アンティーク着物専門店なのでアンティーク着物好きな方にはたまらないお店だと思います。

どちらかというと若いコ向けのお店のような気がします。

逆にキレイ目な格好が好み方には向かないお店かもしれません。

まとめ

どうでしたか?

ざっと数えるだけでこれだけのお店が大須にはあります。

確かに新しく誂えた着物はいいものです。

でも、洋服に比べて着る機会が少ない着物にそれほどお金をかけられないし、そもそもリサイクル着物の中にも未使用のものもたくさんあります。

サイズさえ合えばとてもお買い得なんですよね。

お店によってそれぞれ個性がありますので、ぜひ皆さんのお気に入りのお店を見つけてくださいね!