【バンコク】ドンムアン空港から市内への移動手段【バスが安い】

バンコクエクスプレスバス

こんにちは、着物と旅行大好き冬みかんです。

先日バンコクに旅行してきました。

エアアジアの飛行機

【2018年11月】エアアジアで名古屋からバンコクへ旅行をしてみた【機内の様子と機内食レポあり】

中部国際空港(セントレア)からバンコク行きのエアアジアが就航して間もない頃だったので、とても安く行くことができました。

バンコクには空港が2つあります。

スワンナプーム空港ドンムアン空港です。

スワンナプーム空港はいわゆるレガシーキャリアの航空機がおもに発着する空港で、ドンムアン空港はLccの飛行機がメインの空港です。

私もこの時はエアアジアを利用したため、ドンムアン空港の発着でした。

ドンムアン空港はさほど大きくないのですが、慣れてしまえばとても快適に利用することができます。

そしてドンムアン空港からバンコク市内への行き方なのですが大人数での旅行ならタクシーもアリかと思いますが、少人数でしたらバスをおすすめします。

ドンムアン空港から市内まではエクスプレスバスが出ています。

バスの本数も多く運賃も格安なので節約したい方にもおすすめです。

私もせっかく安い飛行機でバンコクに行くことになったので、どうせならとことん安く旅をしようと思いこの時はタクシーもなるべく使わず公共交通機関での移動をしました。

また今回は一人旅だったこともあり、タクシー料金をぼったくられたら運転手と交渉する自信がなくイヤだなぁと思っていました。

そういう意味で女性の一人旅にもバスはおススメです。

乗り方の詳細を以下にまとめましたので興味のある方は是非ご覧ください。それでは、どうぞ。

スポンサードサーチ

空港から市内への行き方【エクスプレスバス】

バス停の場所

まずドンムアン空港に到着し1階の到着フロアに出たら、6番出口に向かいましょう。

ドンムアン空港6番出口

パスポートコントロールを抜けるとちょうど到着フロアの中央に出ます。

ドンムアン空港はそれほど大きくありません。

中央寄りの左側に6番出口があるのですぐに分かります。

出口を出て右に行くとすぐ目の前がバス停です。

ドンムアン空港バス停

エクスプレスバスはいくつか行き先が分かれています(A1~A4)。

モーチット駅に行くのは5分間隔で運行しているA1のバスです。

エクスプレスバスの行き先

バスが来るまで看板のあたりで待っていましょう。

ここのバス停では日本と違い、列を作って待っているといったことはありませんでした。

補足
同じバス停に来るA2バスでもBTSモーチット駅を通ります。
こちらのバスは30分間隔で来るので本数は少ないですが、A2のバスに乗り込んでもOKです。

バスの乗り方

バスの正面上にA1(もしくはA2)と書かれているためすぐに分かります。

バスが来るとみんな待っていた人がわらわらと集まってくるので、バスの前に行きそのまま乗り込みます。

運賃はこのあとバスの中で徴収にくるのでひとまずそのまま乗りこみます。

バスの中ににスーツケースを置くようなスペースはありませんので、大きなスーツケースで来られる人は、座席横の通路に置くことになります。

ですので早めに乗らないと席に座れず、ちょっときびしいかもしれません。

私はバックパックの旅だったので身軽に旅をすることができました。

バックパックで旅行

【女性必見】Lccの機内持ち込み荷物だけで海外旅行に行くときのおすすめバックパック

もし満員だったら次のバスはすぐに来るので無理に乗り込もうとせず、待っていたほうがいいです。

私が乗った時も、次のバス停の乗車で満員になりました。

バスの走行中、係の人が運賃を徴収しに来ますので30バーツを手渡しします。

すると切符に切り込みを入れたものを渡してくれます。

この切符はそのあと見られることはありませんでしたが、一応降りるまで持っていましょう。

私は座席に座れたので良かったのですが、この時は満員で立っている人も多くいました。

そんな中乗客をかき分けながら運賃を一人ずつ徴収していく係の人を、慣れたものだなぁと思いながら見ていました。

バスの停留所について

私が乗ったバス停のある場所はターミナル1(国際線)になります。

バスが発車するとすぐにターミナル2(国内線)に着き、そこでもたくさんの乗客が乗ってきます。

そのままバスは高速道路を走り、バンコク市内へ到着します。

次に停まったバス停でけっこうな乗客が降りたので、ここがモーチット駅かな?と思ったのですが、私の隣に乗っていた地元の人っぽい男性に地図を見せながら聞いたところ、「ここじゃないよ」というジェスチャーをされました。

「(多分)自分もモーチット駅で降りるから」と言われたので、そのまま乗ることにしました。

その次のバス停がモーチット駅です。さっきよりもかなりの人数の乗客が降りました。

隣の男性も「ここだよ」と促してくれたので私もみんなと一緒に降りました。

この日、空港に到着したのが夜だったこともあり、周りの景色が全く見えずにちょっとだけ不安でしたがなんとかたどり着くことができました。


(画像提供:さくらサービス

バンコク市内の主な電車はBTS(高架鉄道)かMTR(地下鉄)になります。

私はこのあとBTSのモーチット駅ではなくMRTのチャトゥチャック公園駅で乗りたかったので、MRTに向かいました。

MRTの駅に行きたければバスを降りてから歩道橋を登り、道路を横断しさらにまっすぐ進めばたどり着けます。

実は歩道橋でも迷ってしまい、現地の女の子に地図を見せながら駅の場所を聞きました。

タイの人は優しいので分からなくなったら道を聞きましょう。

とはえいえ、向こうからカタコトの日本語で話しかけられる場合は要注意です。

バンコクの道路

【微笑みの国】バンコクで詐欺をする人の手口を紹介します【実際に騙されました】

帰りもバスで空港へ

同じくバンコク市内からドンムアン空港へ行く場合もモーチット駅からA1バス(またはA2バス)に乗って空港まで行けます。

モーチット駅の3番出口を出ると階段を降りてすぐの場所にバス停があります。

チットロム駅

観光客らしき人たちがたくさんいるのですぐに分かると思います。

この時も特に列は作っていませんが、次から次へとバスがやってくるため、さほど混雑はしていませんでした。

行きと同じようにバスの車内で料金を徴収にくるので30バーツを手渡しましょう。

ドンムアン空港の国際線乗り場でほとんどの乗客が降りるため空港行きのほうが分かりやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか。

今回Lccでバックパックの格安旅行をしましたが、荷物が身軽な分こうやって気軽にバスにも乗れてしまうので本当にバックパックの旅は最高です。

とはいえ、スーツケースを持っていても十分バスで移動することができます。

なんといってもタクシーはぼったくられるんじゃないか・・・という不安があるのですが、公共交通機関はそういったことがないため精神的にも気が楽です。

そして、料金も格安です。

みなさんも是非バンコクのドンムアン空港を利用される際には、バスでバンコク市内まで移動してみてくださいね。

ドンムアン空港⇔バンコク市内へのバスの情報
運行時間:7:00~24:00(約5分間隔で運行)
料金:30THB(タイバーツ)