【主婦の節約術】auからワイモバイルに乗り換えした私がどれだけ料金が安くなったかをお教えします【格安sim】

スマホを持つ主婦
もん吉
ねぇねぇ。月々のスマホ代をもっと安くしたいんだけど、格安スマホってどうなの?

こんにちは。着物と旅行大好き冬みかんです。

みなさん、携帯電話(スマートフォン)はどこで契約をしていますか?

docomo、au、softbankのいわゆる3大キャリアで契約している方はどれだけいるのでしょうか。

私もつい先日までauとsoftbankを2年縛りが切れるまで交互に使い、切れたらまたキャリアを変えて新しいスマホに替えるということを繰り返していました。

そして先日auで契約していたスマホ(iphone7)の2年縛りが終わったのですが、またsoftbankと契約し新しい機種を購入するべきか悩んでいました。

なぜかというと今使っているiphoneの機能で十分満足していたからからです。

なのでまた新しい機種にしてスマホ代を払っていくのもなんだかもったいないなって思っていました。

そんな中、スマホはそのまま使ってsimだけ変えようかなと思うようになりました。

いわゆる格安simの契約です。

機種変更しなければスマホ代ががかからなうため、月々の通信費が安くなるのでは?とも思いました。

そして今回auから格安simであるワイモバイルに乗り換えたのですが、毎月の料金がめちゃくちゃ安くなりました。

具体的には月額6000円ほどかかっていた通信料が1000円ちょっとに抑えられています。

これって年額にすると60000円の節約です。今まで払っていたお金は何だったのでしょうか。

今回は私が契約した具体的なプランと通信料の内訳を記事にしました。

最初に言っておきますが外出先で動画をガンガン見たり、ゲームを常にしていてデータ量が膨大になる人には向かないプランです。

私のようにできるだけ通信料を節約したいという主婦に特におすすめです。

そろそろ2年縛りが切れて更新する方の参考になれば幸いです。

では、どうぞ。

スポンサードサーチ

数ある格安simの中からワイモバイルを選んだ理由

格安スマホ

現在格安simはワイモバイルのほかに、楽天モバイル、LINEモバイル、UQモバイルなど各社あります。

私も最初はどこの会社にするか迷いました。

価格では各社どこも安いためあまり差がありません。

その中でワイモバイルに決めた理由を紹介したいと思います。

電波状況が良い

普通、格安simの会社はキャリアの回線を借りているのでどうしてもキャリアの回線と比べると速度が遅くなるというデメリットがあります。

しかしワイモバイルはソフトバンク直営の会社のため、直接ソフトバンクの回線を使っています。

他社の格安simは使ったことがないので比較はしたことがありませんが、ワイモバイルを現在使っていて特に不満を感じたことはありません。

paypayとの相性が良い

paypayといえばスマホ決済ができるサービスです。

paypayの経営母体はソフトバンクとyahooです。

ですのでソフトバンクの子会社であるワイモバイルとpaypayとの相性もバツグンに良いです。

具体的にはワイモバイルユーザーはpaypayを利用するとキャッシュバックの割合が高いです。

私はワイモバイルに乗り換える前からpaypayを使っていたので、これだけ恩恵が受けられることに驚きました。

paypayについては別の記事でまとめたいと思います。

無料でYAHOOプレミアムの会員になれる

これも実際にワイモバイルで契約してから知ったのですが、ワイモバイルのスマホプランで契約すると無料でYAHOOプレミアムの会員になれます。

通常は月額462円(税抜き)かかるサービスが0円となるため、大変お得です。

プレミアム会員になると以下のサービスが受けられます。

YAHOOプレミアムのサービス内容
・読み放題プレミアム
・YAHOOかんたんバックアップ容量無制限
・ヤフオクの落札利用料がお得になる(通常10%→8.64%)

これ以外にもお得なサービスが無料で受けられちゃいます。

詳しい内容はコチラをご覧ください。

ソフトバンクwifiスポットが使える

ワイモバイルユーザーもソフトバンクのフリーwifiスポットを使うことができます。

私は月々のデータ量が3ギガの一番少ないデータ量のプランで契約しているので、外出時とても助かっています。

このようなwifiスポットを利用すれば月々3ギガのデータ量でも十分足りますよ。

ただし最初にも書きましたが、外出時に動画を見たりスマホゲームをされる方には向かないと思います。

そのような場合はデータ量がもっと多いプランを選んだほうがいいと思います。

ちなみにワイモバイルはスマホプランMというプランがありこちらのプランですと通常6ギガのところ、プラス3ギガの増量キャンペーンをおこなっています。

ワイモバイルのスマホプランについて

私のように使っているスマホはそのままでsimのみ替えて使う場合、プランは以下のものがあります。

スマホプランS スマホプランM スマホプランL
データ量 2GB → 3GB 6GB → 9GB 14GB → 21GB

※2019年9月現在のプランです

私はauを使っていた時3GBのデータプランに入っていました。

ですので今回ワイモバイルでも同じギガ数のスマホプランSに契約しました。

このプランは本来データ通信料は2GBですが、現在キャンペーンをおこなっているため乗り換えや新規契約の場合、契約から24カ月は3GB使うことができます。

これでauの時と同じ条件で使うことができます。

また国内通話も10分間は無料です。

auの時は5分間の通話が無料だったため、ワイモバイルのほうが長く通話することができます。

ちなみにワイモバイルは店舗で手続きをする方法と、オンラインストアでも手続きができます。

店舗に行く時間がない、または店舗で待たされる時間がイヤな方はオンラインで手続くすることをおすすめします。

ワイモバイルのオンラインストアでSIMカードを購入する

乗り換え時の注意点

simロック解除を事前にしておく

今回紹介しているのは今使っているスマホに入っているsimカードを差し替えることにより、ワイモバイルでも使えるようになるプランです。

ただしそのスマホがsimロック解除されていることが条件になるため、あらかじめ自分でロックを解除しておく必要があります。

simロックって何?と思われた方はまずはこちらをご覧ください。

simロック解除とは?

simロック解除はネットで簡単に行うことができるので解約前に必ずしておきましょう。

もし解約後にsimロックを解除しようとすると窓口で手続きをおこなわなければならず、しかも有料になってしまうキャリアが多いためです。

繰り返しになりますが解約前に必ずsimロックを解除しておきましょう。

まとめ

スマホからsimカードを取り出す

いかがでしたか?

格安simと聞くと、電波が悪いんじゃないのかと思われたり、手続きがめんどうだからなぁという理由でずっと高い通信費を払っているあなた。

実際に私がauからワイモバイルに替えてみて思ったのは、「こんなに安くなるなら早く格安simにしておけばよかった」と言うことです。

simロックの解除さえしておけば手続き自体はいつもの乗り換えとまったく変わらず特に難しいこともありませんでした。

この記事を読んだあなたもこれを機にキャリアの変更を見直してみませんか?

そして月々の通信費を節約してお得にスマホを使いましょう。