【青い飲み物】バンコクでおススメのバタフライピーのラテが飲めるカフェ【インスタ映え】

バタフライピーラテ

こんにちは、着物と旅行大好き冬みかんです。

この記事を読んでいるあなたはこれからバンコクに旅行する、もしくは旅行を計画しているのではないでしょうか。

私もこの1年間で3回バンコク旅行をしました。

そのくらいタイは楽しい場所でした。

そんな私がバンコクに行くと訪れたくなるお店があります。

カフェなのですがそのお店では青い色のラテをいただくことができます。

日本ではまだまだお目にかかることのできない飲み物のため、バンコクに行ったら是非行ってほしいお店です。

今回はそのおすすめカフェを紹介したいと思います。

お店の名前を最初に言いますがブルーホエールマハラートというカフェです。

色だけではなく味も美味しく、お店もかわいいのでぜひチェックしてみてください。

それでは、どうぞ。

スポンサードサーチ

ブルーホエールマハラート

お店の場所

ブルーホエールマハラートはバンコク3大寺院のワット・ポーの近くにあります。

詳しい行きかたはこちらの記事を参考にしてみてください。

チャオプラヤー川のボート

【バンコク】ワットアルンからワットポーに行くなら船に乗るのがおススメ【安い】

具体的にはワットアルンから渡し船で行くのが安くておススメです。

ブルーホエールマハラートの外観

お店の外観はこんな感じです。

通りを中に入った場所にあるため少しわかりづらいかもしれませんが、船着き場からはゆっくり歩いて10分くらいで着きます。

バタフライピーのラテを注文

ブルーホエールマハラートの店内

店内はお店の名前どおりのブルーで統一されていてとてもおしゃれです。

1階はカウンター席と注文をおこなうレジがあります。

ここでメニューを見ながら先に注文とお会計を済ませる仕組みです。

メニューは写真付きなので指さしで注文普通のすることができますよ。

カフェメニュー(カフェラテやパンケーキ)ももちろんあるのですが、ここにきたら是非バタフライピーのラテを頼んでみてください。

ラテにはホットとアイスがあります。

注文を済ませ上にあがっていくと、2階と3階に席があります。

ブルーホエールマハラートの店内 ブルーホエールマハラートの店内

こんな感じですべてブルーで統一されていて写真映えする店内です。

ブルーホエールマハラートの店内

3階には小上がりになっている席もあります。

私が行った時は午前中でお客さんもほとんどいなかったため、ゆったりと過ごすことができました。

ちなみに私はこのお店を2回訪れたことがあります。

1回目に行った時は一人だったのでさすがにホットラテは熱いなぁと思い、アイスラテを頼みました。

バタフライピーラテ

見た目が本当に鮮やかな青色です。

ところでバタフライピーとはマメ科の植物で、もちろんこの青色は天然の色素です。

言われてみればすこし豆の風味があるかなといった感じです。

味はミルクの部分がほんのり甘くておいしかったです。

そしてこのお店に2回目に訪れた時は夫と一緒でした。

なので夫にアイスラテを注文してもらい、私はホットラテを飲んでみることにしました。

バタフライピーラテ

ホットラテはこのようにラテアートが施されています。めっちゃくちゃかわいいです!!

味はというとアイスラテに比べると温かいからか、豆の風味を少し強く感じます。

私は大丈夫でしたがこの独特な香りが苦手な人もいるかもしれないと感じました。

とはいえこの見た目のかわいさにはかなわないような気がします笑

そしてこちらのお店では先に会計を済ませると言いましたが、レシートにwi-fiのパスワードが記載されています。

ですのでその場で写真を撮ってSNSにアップするのも楽しいですよ。

バタフライピーの青色の正体は?

この青い色の正体。

繰り返しになりますがマメ科の植物「バタフライピー」の天然の色素からきています。

いわゆるバーブティーに分類されていて、アントシアニンが豊富に含まれているそうです。

その効能はアンチエイジングにも効果的とか。

見た目にかわいく効果も期待できてしまう飲み物なんです。

まとめ

ブルーホエールマハラート

いかがでしたか?

まだ日本ではおまりお目にかかることのできないバタフライピーの飲み物。

バンコクの暑い日中にクーラーのきいたお店で涼をとりつつ、バタフライピーラテを頼んで休憩してみるはいかがでしょうか。

ブルーホエールマハラート
営業時間:10:00~20:00
定休日:木曜日
ホームページ:https://www.facebook.com/bluewhalebkk/